西日本で手足口病が増加!みなさんのご家庭では大丈夫ですか?

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科医院」です。

 

これから7月にかけて手足口病が流行しやすくなります。

特に2019年は国立感染症研究所の発表によると西日本を中心に手足口病患者数が増加しているというので注意が必要です。

そこで、今回は手足口病に家族がかかったときに何を注意すれば良いか紹介していきます。

 

  • 感染経路を把握しよう

手足口病に家族がかかってしまったら感染拡大対策を講じる必要があります。

手足口病は、くしゃみによる「飛沫感染」や唾液や鼻水が付着したものを接触する「接触感染」で拡大していきます。他にも糞便に含まれるウイルスをトイレで吸い込んでしまうことでも感染するため注意が必要です。

 

  • 感染経路への対策

飛沫感染を予防するためには、マスクを着用するのが望ましいです。

手足口病は小児がかかる病気というイメージが強いですが、大人でも感染するリスクはあります。

家の中で子供が触れたところは消毒するのも感染経路を断つのに有効です。

 

 

これからの季節手足口病は増加するでしょう。

集団感染などにならない様、各ご家庭でも注意してください。

関連記事

  1. 災害のときの歯磨きはどうしたらいい?防災グッズの中にこれを入…

  2. 歯から膿の袋ができる?虫歯を放置すると恐ろしい3つの理由

  3. 20歳から歯がなくなってしまう?侵襲性歯周炎の怖さを紹介

  4. 歯科医院の独特の匂いって何?匂いは記憶と直結しています

  5. スポーツにおける外傷は意外と多い?歯科医学的にスポーツと怪我…

  6. 口臭を簡単にチェックする方法をご紹介します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP