入れ歯を無くさないために保管方法を見直そう!

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科」です。

 

入れ歯を使用されている患者様へ入れ歯の管理方法について指導させていただきますが、時間が経つとともにみなさんオリジナリティー溢れる管理方法をしてしまうことがあります。

そこで今回はみなさまがしっかりと入れ歯を管理できるように管理方法について紹介していこうと思います。

 

  • 入れ歯は清潔にしよう

入れ歯は毎日使用するものです。

歯磨きをするのと一緒で毎日ケアをして清潔に保つようにしましょう。

 

このとき毛先が硬めの歯ブラシは使わないでください。

毛先が硬いと入れ歯の表面に細かい傷をつけてしまうことがあるからです。

また、歯磨き粉を使用するのも避けましょう。

歯磨き粉の中には研磨剤が含まれており入れ歯の表面に細かな傷をつけてしまいます。

 

そんなときに使用するのが入れ歯用の歯ブラシです。

当院でもドラッグストアでも入れ歯専用のブラシを販売しております。

 

  • 入れ歯は水中保管

入れ歯が乾燥するとひび割れや変形が起きやすいです。

そこで洗面器やコップなどに水を溜めて、水中保管するようにしましょう。

実際に入れ歯を机の上や枕元に置いた結果、入れ歯を紛失・破損してしまう方がいます。

水中保管すればそういった心配も無くなりますね。

関連記事

  1. 日本とアメリカの歯科医療は何が違うのか!アメリカのように予防…

  2. 虫歯を放置するとどうなるのか?歯科医師が解説いたします。

  3. 学校歯科検診の紙をもらったら歯科医院へ行こう!

  4. 認知症と噛み合わせの関係性!進行を遅らせることができます

  5. 歯ブラシの種類について紹介します

  6. 震災における変わった歯科医師の仕事。震災には防災訓練をしまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP