歯科用プラスチックとセラミックの違いは何?

みなさんこんにちは!

神戸市にある歯医者さん「おだ歯科医院」です。

 

さて、今回は歯科用プラスチックとセラミックの主な特徴について紹介していきます。

 

  • 歯科用プラスチックとは?

歯科用プラスチックとは、主に小さな虫歯治療に使われる白い樹脂のことです。

専門用語ではレジンと呼びます。

レジンの開発により、歯科治療は劇的に変わり小さな虫歯は小さな範囲で除去して治療できるようになりました。

今までは大小関係なく虫歯ができると歯を大きく削り金属などで被せ物を作っていました。

虫歯治療はレジンで修復すると保険が適用となります。

 

  • セラミックとは?

セラミックとは、お茶碗などにも使用される陶材のことです。

・着色汚れがつきにくい

・削れにくい

・見た目が良い

など良い点がたくさんありますが

衝撃に弱いため欠けやすいと言う欠点もあります。

また、保険適用ではないため治療費が高額になるケースも珍しくありません。

 

おだ歯科医院では、レジンだけでなくセラミックを用いた治療もおこなっております。

気になる方は一度ご相談ください!

関連記事

  1. 日本とアメリカの歯科医療は何が違うのか!アメリカのように予防…

  2. 女性と歯周病の関係!〜妊娠・出産編〜

  3. 歯科治療の気になる治療費!高い医院と安い医院の違いって何?②…

  4. 虫歯を放置するとどうなるのか?歯科医師が解説いたします。

  5. アルツハイマーの発症に歯周病が関係?歯周病治療を本格的に始め…

  6. 歯磨き粉の成分よりも歯磨きが大切!歯周病と虫歯予防をしましょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP