厚生労働省からガイドラインが発表されました

皆さんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科」です。

連日テレビで報道されている新型コロナウイルス感染症ですが、厚生労働省から歯科治療に関するガイドラインが発表されました。

一言でいってしまうと「緊急事態以外、積極的な治療は受けないように」とのことです。

 

不要不急の外出を皆さんがしないことはもちろんですが、手洗いうがいを徹底することで新型コロナウイルス感染症やインフルエンザ・季節性の風邪などを予防できます。

歯科医院ではそれぞれの医院で換気や標準予防策を講じていますが、歯科医療関係者は他の医療者に比べてエアロゾル感染の影響で感染リスクが高くなっています。

 

エアロゾル感染とは、空気中に水分と共にウイルスが飛散する状態で空気中に最低3時間は飛散しているというデータがあります。

当院でも標準予防策を講じ、毎日検温してスタッフの体調管理を行なっております。

 

皆さんもお気をつけてください。

関連記事

  1. 20歳から歯がなくなってしまう?侵襲性歯周炎の怖さを紹介

  2. 学校歯科検診の紙をもらったら歯科医院へ行こう!

  3. 震災における変わった歯科医師の仕事。震災には防災訓練をしまし…

  4. 歯から膿の袋ができる?虫歯を放置すると恐ろしい3つの理由

  5. 睡眠時無呼吸症候群の患者様が増えています!一度ご自身と向き合…

  6. 虫歯を放置するとどうなるのか?歯科医師が解説いたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP