歯科治療ではなく歯科予防をしましょう

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科」です。

 

予防の重要性について当院でも何度もお知らせをしてきましたが、みなさんは予防を周知できていますか?

予防処置で重要なのは定期的な受診です。

定期検診では虫歯のできやすい部位へ虫歯ができていないか・歯磨きがしっかりできているかなどを確認します。

 

また、当院では磨き残ししている部位へ色がつく専用の液を使用して、磨き残し部位の確認をしております。実際にお口の中で色がついた部位を確認していただくことで、磨き残しを自覚し磨き残しが減るような工夫へとつながります。

 

歯科は「治療」の時代から「予防」の時代へとなりました。

ぜひ虫歯ゼロ!を大人の方でも目指しましょう。

 

さらに、この時期は感染症にみなさん敏感ですよね。

感染症は基本的に鼻粘膜から体内へ侵入しますが、口腔粘膜からも体内へ侵入します。

歯磨きをして口腔衛生を保つようにしましょう。

関連記事

  1. 生活の質って何?医療用語を歯科的観点から解説してみた

  2. 新社会人こそお口のケアをしましょう

  3. 日本とアメリカの歯科医療は何が違うのか!アメリカのように予防…

  4. すきっ歯のできる理由を紹介!歯並びは癖で悪くなることがありま…

  5. 予防処置まで考えた治療を実施!神戸市の歯医者さん

  6. スタンダードプレコーションとは?当院でも採用しているシステム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP