爪楊枝ではなくデンタルフロスを使いましょう

皆さんこんにちは!

神戸市にある『おだ歯科』です!

 

みなさんは食後に爪楊枝で歯の間に挟まったものを取り除いていませんか?

爪楊枝で歯と歯の間に詰まった食べ物を取り除くと、歯と歯の間の隙間をより広げてしまうことがあるのです。

そこでみなさんに使っていただきたいのがデンタルフロスです。

 

デンタルフロスは細いため、歯と歯の間に入れても歯間離開の原因になりにくいです。

デンタルフロスには糸巻きタイプや弓形になっているものなど形状が様々です。

 

ドラッグストアだけでなく、最近ではコンビニでも手に入れることができますのでぜひお買い求めいただき使用していただきたいです。

デンタルフロスの使い方で不明な点がある方は当院へお問い合わせください。

関連記事

  1. なんで予約を取るのに時間を空ける必要があるの?すぐに治療した…

  2. 被せ物の寿命ってどれくらい?平均寿命を紹介します

  3. 入れ歯を無くさないために保管方法を見直そう!

  4. 女性と歯周病の関係!〜妊娠・出産編〜

  5. 薬物が原因で起きる「歯肉増殖症」って知っていますか?

  6. 再生医療はどこまで行くのか?歯科医療と再生医療の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP