爪楊枝ではなくデンタルフロスを使いましょう

皆さんこんにちは!

神戸市にある『おだ歯科』です!

 

みなさんは食後に爪楊枝で歯の間に挟まったものを取り除いていませんか?

爪楊枝で歯と歯の間に詰まった食べ物を取り除くと、歯と歯の間の隙間をより広げてしまうことがあるのです。

そこでみなさんに使っていただきたいのがデンタルフロスです。

 

デンタルフロスは細いため、歯と歯の間に入れても歯間離開の原因になりにくいです。

デンタルフロスには糸巻きタイプや弓形になっているものなど形状が様々です。

 

ドラッグストアだけでなく、最近ではコンビニでも手に入れることができますのでぜひお買い求めいただき使用していただきたいです。

デンタルフロスの使い方で不明な点がある方は当院へお問い合わせください。

関連記事

  1. 歯ブラシの種類について紹介します

  2. 災害のときの歯磨きはどうしたらいい?防災グッズの中にこれを入…

  3. 歯が溶ける?スポドリは一工夫して飲むようにしましょう

  4. 3Dプリンターの普及で歯科技工士はいらなくなる?最後は人の手…

  5. 唾液腺が腫れているときは要注意!唾液腺腫瘍について解説します…

  6. 予防処置まで考えた治療を実施!神戸市の歯医者さん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP