歯ブラシの種類について紹介します

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科」です。

 

歯磨きをするときの歯ブラシと舌を磨く舌ブラシ・入れ歯を清掃する入れ歯用ブラシなどがあります。

今回はそのブラシについてそれぞれどのような特徴があるのか紹介していこうと思います。

 

  • ブラシの形状

舌ブラシは歯ブラシよりも幅があります。扇のような形をしているものもありますね。

入れ歯用ブラシはスポンジをブラシの柄につけたような形をしていることがあります。

このようにブラシの形状が異なる理由が、使う目的が違うからです。

歯ブラシは歯の裏側など細かい部位の汚れを落とすためヘッド部分が小さくなっています。舌ブラシは舌に付着している汚れを落とす必要があるため、幅広いヘッドになっています。

 

  • 毛の硬さ

これら3つのブラシで異なるのは毛の硬さです。

歯ブラシが一番硬く、舌ブラシと入れ歯用ブラシは柔らかい毛でできています。

これは舌や入れ歯の表面に傷がつくといけないため、柔らかい毛先になっています。

 

これらブラシは当院でも取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 虫歯を放置するとどうなるのか?歯科医師が解説いたします。

  2. 女性と歯周病の関係!〜更年期・高齢期編〜

  3. 3Dプリンターの普及で歯科技工士はいらなくなる?最後は人の手…

  4. 矯正治療を検討されている方へ!矯正治療の費用対効果を説明!

  5. 女性と歯周病の関係!〜妊娠・出産編〜

  6. 患者様の状況に配慮した治療!「痛い」以外でもお声がけください…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP