歯ブラシの種類について紹介します

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科」です。

 

歯磨きをするときの歯ブラシと舌を磨く舌ブラシ・入れ歯を清掃する入れ歯用ブラシなどがあります。

今回はそのブラシについてそれぞれどのような特徴があるのか紹介していこうと思います。

 

  • ブラシの形状

舌ブラシは歯ブラシよりも幅があります。扇のような形をしているものもありますね。

入れ歯用ブラシはスポンジをブラシの柄につけたような形をしていることがあります。

このようにブラシの形状が異なる理由が、使う目的が違うからです。

歯ブラシは歯の裏側など細かい部位の汚れを落とすためヘッド部分が小さくなっています。舌ブラシは舌に付着している汚れを落とす必要があるため、幅広いヘッドになっています。

 

  • 毛の硬さ

これら3つのブラシで異なるのは毛の硬さです。

歯ブラシが一番硬く、舌ブラシと入れ歯用ブラシは柔らかい毛でできています。

これは舌や入れ歯の表面に傷がつくといけないため、柔らかい毛先になっています。

 

これらブラシは当院でも取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. スタンダードプレコーションとは?当院でも採用しているシステム…

  2. 正しい治療を受けるために必要なことを紹介します

  3. 予防処置まで考えた治療を実施!神戸市の歯医者さん

  4. 唾液腺が腫れた・痛い!それは唾石症の可能性があります

  5. 薬物が原因で起きる「歯肉増殖症」って知っていますか?

  6. 被せ物の寿命ってどれくらい?平均寿命を紹介します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP