顎関節症でお悩みの方は早めにご相談ください!繰り返す可能性があります

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科」です。

 

顎関節の雑音や開口障害などの総称を顎関節症といいます。

顎関節症は慢性疾患に分類されており、顎関節症は大きく4つに分けることができます。

今回はそんな顎関節症の分類について紹介していきます。

 

 

  • 咀嚼筋痛障害

顎を動かす咀嚼筋と呼ばれる筋肉の痛みが起きます。

運動痛や開口障害が特徴的です。

 

  • 顎関節痛障害

顎関節にある靭帯や関節に外傷があり痛みが出ます。

 

  • 顎関節円板障害

顎関節に関節円板という組織が存在します。

これは骨や軟骨ではなくクッションのような働きをしています。

関節円板の位置異常が起きることで、クッションの無い部分で顎関節が蝶番運動をすることになるため痛みが起きてしまいます。

 

  • 変形性関節症

顎関節が加齢により変形・退化することで痛みが起きます。

 

顎関節症はこれら4つに分類でき、患者様の症状に応じて治療方針を決定しています。

関連記事

  1. 歯科用プラスチックとセラミックの違いは何?

  2. アルツハイマーの発症に歯周病が関係?歯周病治療を本格的に始め…

  3. 日本とアメリカの歯科医療は何が違うのか!アメリカのように予防…

  4. 歯が溶ける?スポドリは一工夫して飲むようにしましょう

  5. 薬の影響で歯茎が腫れる?薬物性歯肉増殖症を解説します

  6. 入れ歯を無くさないために保管方法を見直そう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP