抗生物質ってなぜ飲みきるの?歯科医院でも抗生物質を処方することがあります

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科医院」です。

 

今回は抗生物質についてのお話をしたいと思います。

抗生物質は内科や耳鼻科などで処方されることが多いですが、歯科でも処方することがあります。

 

  • 歯科ではいつ処方するの?

歯科医院で抗生物質を処方するタイミングとしては、急性炎症が起きているときです。

炎症が起きて歯茎が腫れている・歯の根っこに膿の袋ができて炎症が起きているような時は抗生物質を処方して細菌を抑制してから処置を行います。

 

他にも抜歯の後に予防的処置として抗生物質を処方することもあります。

 

  • 抗生物質は飲み切らないといけません

抗生物質を処方されたときに「必ず飲みきってください」と言われた経験がありませんか?

抗生物質は改良されて安全性が高くなってきましたが。使用方法を誤ると別の細菌感染を引き起こす・抗生物質が効かない耐性菌を誕生させるなど問題が起きることもあります。

 

抗生物質はご自身の判断で飲まないというようなことはせず。処方された分をしっかり飲みきってください。

関連記事

  1. 歯科治療の気になる治療費!高い医院と安い医院の違いって何?②…

  2. 正しい治療を受けるために必要なことを紹介します

  3. スポーツにおける外傷は意外と多い?歯科医学的にスポーツと怪我…

  4. 歯周病と全身疾患の関係性!歯周病は万病の元です

  5. 震災における変わった歯科医師の仕事。震災には防災訓練をしまし…

  6. 薬物が原因で起きる「歯肉増殖症」って知っていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP