抗生物質ってなぜ飲みきるの?歯科医院でも抗生物質を処方することがあります

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科医院」です。

 

今回は抗生物質についてのお話をしたいと思います。

抗生物質は内科や耳鼻科などで処方されることが多いですが、歯科でも処方することがあります。

 

  • 歯科ではいつ処方するの?

歯科医院で抗生物質を処方するタイミングとしては、急性炎症が起きているときです。

炎症が起きて歯茎が腫れている・歯の根っこに膿の袋ができて炎症が起きているような時は抗生物質を処方して細菌を抑制してから処置を行います。

 

他にも抜歯の後に予防的処置として抗生物質を処方することもあります。

 

  • 抗生物質は飲み切らないといけません

抗生物質を処方されたときに「必ず飲みきってください」と言われた経験がありませんか?

抗生物質は改良されて安全性が高くなってきましたが。使用方法を誤ると別の細菌感染を引き起こす・抗生物質が効かない耐性菌を誕生させるなど問題が起きることもあります。

 

抗生物質はご自身の判断で飲まないというようなことはせず。処方された分をしっかり飲みきってください。

関連記事

  1. 予防処置まで考えた治療を実施!神戸市の歯医者さん

  2. 虫歯を放置するとどうなるのか?歯科医師が解説いたします。

  3. 歯磨き粉の成分よりも歯磨きが大切!歯周病と虫歯予防をしましょ…

  4. 歯科治療ではなく歯科予防をしましょう

  5. 口臭はスメハラのもと!気づきにくい口臭を予防

  6. 口唇がんを予防する新方法!口腔ガンは誰でもなるリスクがありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP