歯から膿の袋ができる?虫歯を放置すると恐ろしい3つの理由

みなさんこんにちは!

 

神戸市にある「おだ歯科医院」です。

 

虫歯が進行すると、歯に痛みを感じますが「これくらいの痛み平気」と我慢してしまう方が多いです。しかし、虫歯は放置してしまうと後々恐ろしいことがあります。

そこで今回は、虫歯を放置すると起こりうる3つの恐ろしいことについて解説していきます。

 

  • 歯が割れやすくなる

虫歯の原因細菌が産生する酸によって歯が溶けることで虫歯は進行します。虫歯は自然治癒することがほとんどなく、歯科医院で治療を受ける以外ありません。また、虫歯の状態を放置してしまうと継続的に酸が虫歯細菌から産生されているような状況といえます。

歯が溶けることで歯質が薄くなり、ちょっとした衝撃で歯が割れることもあるのです。

 

  • 膿の袋を作る

虫歯は歯の表面から始まると、歯の根っこに向かって進行していきます。根っこまで行き着くと歯が支えられている骨の中に膿の袋を形成するのです。歯が浮いているような感覚や歯茎が痛みを伴いながら膨れてきている方は要注意が必要です。

 

  • 口臭の原因

虫歯細菌から産生される臭化物質により、口臭が強くなることがあります。

ビジネス上、多くの人と関わるような方は定期的に歯科検診を受けましょう。

 

関連記事

  1. 厚生労働省からガイドラインが発表されました

  2. 歯科治療ではなく歯科予防をしましょう

  3. 歯ブラシの種類について紹介します

  4. 日本とアメリカの歯科医療は何が違うのか!アメリカのように予防…

  5. 矯正治療を検討されている方へ!矯正治療の費用対効果を説明!

  6. お口のがんでも亡くなることがあります!ぜひ定期的な口腔がんチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP