タバコが口に与える影響!歯科医師が見たタバコ

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科医院」です。

 

みなさんはタバコを吸いますか?

喫煙者の人口は年々減少傾向となっています。

歯科医師としてはタバコが口腔に与える良い点が何もないので、ぜひ患者様にはタバコをやめていただきたいです。

では、なぜ歯科医師がタバコをやめてほしいのか紹介していきます。

 

  • 歯が抜ける

タバコは歯茎に対して影響を与えます。

歯茎には毛細血管という細かい血管が豊富に張り巡らせられています。タバコを吸うと血管が収縮します。喫煙を続けることで慢性的に毛細血管が収縮され、歯茎に栄養が十分に行き届かなくなってしまうのです。

さらに、血液を介して歯茎の免疫システムが維持されていますが毛細血管が収縮されることで免疫システムも弱くなります。免疫システムが弱くなることで、歯周病の原因細菌が活発になってしまうのです。

歯周病が進行することで最終的に歯が抜けてしまいます。

 

みなさんの周りにいる喫煙者の方は歯が抜けていませんか?

タバコは百害あって一利なしです。できるだけタバコをやめるように心がけましょう。

関連記事

  1. 3Dプリンターの普及で歯科技工士はいらなくなる?最後は人の手…

  2. ギネスブックにも載っている病気!地球で一番罹患している病気は…

  3. 歯磨き粉の成分よりも歯磨きが大切!歯周病と虫歯予防をしましょ…

  4. 災害のときの歯磨きはどうしたらいい?防災グッズの中にこれを入…

  5. 認知症と噛み合わせの関係性!進行を遅らせることができます

  6. 日本とアメリカの歯科医療は何が違うのか!アメリカのように予防…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP