学校歯科検診の紙をもらったら歯科医院へ行こう!

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科医院」です。

 

7月になったというのは医療関係者の中である節目を迎えたことを意味します。

それが「健康診断」です。

小学校・中学校では毎年6月30日までに歯科検診を行わなければならないという決まりがあります。

その後、歯科検診で指導や治療が必要なお子さんには用紙が配られます。

 

学校歯科検診の紙を学校からもらってきたらぜひ歯科医院へ行き治療や保健指導を受けていただきたいです。

しかし、全国の学校で紙が配られる時期はほとんど一緒です。

つまり、紙が配られた後だと歯科医院が混んでいる可能性があります。

 

そこで、当院は普段から歯科医院へ通うことをおすすめしております。

お子さんでも永久歯が生え揃っていない中学生の時期は歯が虫歯にならないような対策・工夫が必要です。

 

フッ素塗布や歯のクリーニングなど定期的に口腔内環境を整えることで、お子さんの衛生的なお口を守ることができます。

関連記事

  1. 女性と歯周病の関係!〜更年期・高齢期編〜

  2. 歯から膿の袋ができる?虫歯を放置すると恐ろしい3つの理由

  3. 矯正治療を検討されている方へ!矯正治療の費用対効果を説明!

  4. スタンダードプレコーションとは?当院でも採用しているシステム…

  5. 歯周病と全身疾患の関係性!歯周病は万病の元です

  6. 震災における変わった歯科医師の仕事。震災には防災訓練をしまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP