学校歯科検診の紙をもらったら歯科医院へ行こう!

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科医院」です。

 

7月になったというのは医療関係者の中である節目を迎えたことを意味します。

それが「健康診断」です。

小学校・中学校では毎年6月30日までに歯科検診を行わなければならないという決まりがあります。

その後、歯科検診で指導や治療が必要なお子さんには用紙が配られます。

 

学校歯科検診の紙を学校からもらってきたらぜひ歯科医院へ行き治療や保健指導を受けていただきたいです。

しかし、全国の学校で紙が配られる時期はほとんど一緒です。

つまり、紙が配られた後だと歯科医院が混んでいる可能性があります。

 

そこで、当院は普段から歯科医院へ通うことをおすすめしております。

お子さんでも永久歯が生え揃っていない中学生の時期は歯が虫歯にならないような対策・工夫が必要です。

 

フッ素塗布や歯のクリーニングなど定期的に口腔内環境を整えることで、お子さんの衛生的なお口を守ることができます。

関連記事

  1. 20歳から歯がなくなってしまう?侵襲性歯周炎の怖さを紹介

  2. 3Dプリンターの普及で歯科技工士はいらなくなる?最後は人の手…

  3. 被せ物の寿命ってどれくらい?平均寿命を紹介します

  4. 口臭を簡単にチェックする方法をご紹介します

  5. 唾液腺が腫れているときは要注意!唾液腺腫瘍について解説します…

  6. 日本とアメリカの歯科医療は何が違うのか!アメリカのように予防…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP