睡眠時無呼吸症候群の患者様が増えています!一度ご自身と向き合ってみませんか?

みなさんこんにちは!

神戸市にある「おだ歯科医院」です!

 

さて、今回はいびきについてのお話をさせていただきます。

いびきは個人差があり、年齢や性差に関係なく発生する要因があります。

 

いびきと聞くと「うるさい」と一言で済ませてしまっていませんか?

実はいびきには大きな病気が隠れているかもしれないのです。

それが、「睡眠時無呼吸症候群」です。

 

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が停止する状態のことです。

呼吸が停止してしまうことで脳へ酸素が行き渡らなくなるため、十分な睡眠が取れなくなります。

 

いわゆる「睡眠不足」状態ということです。

この状態を放置してしまうことで、糖尿病の悪化や高血圧の増悪など全身疾患だけでなく日中に眠くなることも問題となります。特に日中の睡魔は傾眠といわれるほど酷く、突然意識がなくなってしまうこともあります。

 

睡眠時無呼吸症候群はタクシーの運転手さんやバスの運転手さんなど運転を商いとしている方がなると重大な事故を招くことがあります。実際に、市バスの運転手が睡眠時無呼吸症候群で事故を起こした事例などがあります。

 

次回は、睡眠時無呼吸症候群を歯科的にアプローチする方法をご紹介いたします。

睡眠中のいびきを指摘された経験のある方は一度当院へご相談ください!

関連記事

  1. 歯ブラシの種類について紹介します

  2. 矯正治療を検討されている方へ!矯正治療の費用対効果を説明!

  3. 歯科用プラスチックとセラミックの違いは何?

  4. 薬の影響で歯茎が腫れる?薬物性歯肉増殖症を解説します

  5. 歯から膿の袋ができる?虫歯を放置すると恐ろしい3つの理由

  6. 爪楊枝ではなくデンタルフロスを使いましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP