歯科治療の気になる治療費!高い医院と安い医院の違いって何?②

みなさんこんにちは!

 

神戸市にある「おだ歯科医院」です。

 

前回に引き続き、歯科治療費の高い医院と安い医院の違いについて紹介しております。

そこで今回は前回の文末で紹介した3点について詳しく解説していこうと思います。

 

  • 歯科衛生士の有無

歯科衛生士さんとは、歯科医師の補助だけでなく歯のクリーニングなどをおこなってくれます。多くの歯科医院に在籍していると思っている方が多いですが、現在歯科衛生士さんを安定して雇用するのは難しいという歯科医院もあるようです。

歯科衛生士さんが在籍している歯科医院では、歯科衛生士さんが口腔清掃について指導すると算定できる点数があります。いわゆる歯磨き指導ですね。これを算定するかしないかで若干ですが治療費に変動は出てきます。

  • 歯管を算定しているかどうか

歯管とは、歯科疾患管理料というものです。虫歯や歯周炎などがお口の中にある場合、疾患の予防や再発防止を目的に患者様へ説明をおこなうことで算定できます。

  • 同じ虫歯でも点数が異なる

虫歯と一言でいっても大きさや削る範囲で算定が異なります。ごく小さな虫歯治療の方が少額で、大きな虫歯になると若干高額になります。

 

いかがだったでしょうか。

歯科治療はお金がかかる治療と思っている方も、実際に治療をしてなんでも噛める生活を得たいと思いませんか?

関連記事

  1. 日本とアメリカの歯科医療は何が違うのか!アメリカのように予防…

  2. 歯周病と全身疾患の関係性!歯周病は万病の元です

  3. 歯科業界の記念日って知ってますか?記念日を紹介します!

  4. 爪楊枝ではなくデンタルフロスを使いましょう

  5. タバコが口に与える影響!歯科医師が見たタバコ

  6. 入れ歯を無くさないために保管方法を見直そう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP