なんで予約を取るのに時間を空ける必要があるの?すぐに治療したくてもできない事情とは?

みなさんこんにちは!

 

おだ歯科医院です!

 

歯科治療はできるだけ早期に終わらせたいと思っている方が多く、「次の予約は明日にできないの?」というお声もいただきます。

しかし、よほどの事情がない限りは数日から数週間お時間をいただくことがあります。

その理由を今回はご説明させていただきます。

 

  • 被せ物ができる時間をいただく

金属の詰め物や被せ物などで治療をする場合、患者様の歯型をとらせていただいてから歯科技工所へ発注をさせていただくため、被せ物ができまでのお時間をいただきます。

 

  • 症状が落ち着くまでの時間をいただく

患者様の症状で「痛み」や「腫れ」がある場合は、症状が落ち着いてから治療を進めさせていただくことがあります。

例えば、歯茎が腫れている状態で被せ物を製作すると腫れが収まったときに被せ物が合わなくなることがあります。

そういった状況を作らないためにも、症状が落ち着くまでお時間をいただかせていただきます。

 

  • 予約状況

歯科医院は効率よく確かな治療をするためにも予約制を導入していることが多いです。

当院でも、急患を除いて予約制を導入させていただいております。

予約状況に応じて数日お時間をいただくことがありますのでご了承ください。

 

 

関連記事

  1. 歯科医療にもAIの時代?時代は進むけれど大切なのは技術とコミ…

  2. 歯ブラシの種類について紹介します

  3. 顎関節症でお悩みの方は早めにご相談ください!繰り返す可能性が…

  4. 厚生労働省からガイドラインが発表されました

  5. 口臭はスメハラのもと!気づきにくい口臭を予防

  6. 歯科用プラスチックとセラミックの違いは何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP